佳◯(よしまる)流 家計のそもさん/せっぱ

家庭(または企業)のスリム化や資産運用を応援します

じゃないほうアーティスト…でもカッコいい《不定期開催》③90年代ドイツメロハー編

今回は、今までで一番狭い範囲の中で💦二組のアーティストを紹介しま〜す。前にジャーマンメタルで比較をしたんだけれど、90年代ってホントにHR/HM好きには不遇の時代。日本は、そこまで影響受けなかったけれど、米国、英国、欧州と広がっていった、ニルヴァーナの台頭によるグランジ/オルタナティブ勢により、ほとんどのバンドがメジャーレーベルからドロップしてしまう状況になってしまった。

 

その状況はドイツも同様だったのだが、そんな中、ドイツのシーンでメジャーにしがみつけた純粋なHR/HMバンドが二組だけいた。まぁ、その後紆余曲折はあったにせよ…ね。しかし、日本のHR/HMファンもメロディアスな曲がなかなか手に入らない中出て来たこの二組だが、日本のシーンにおいて、その認知度に驚くほど雲泥の差がついてしまったのだった💧片方は今でも新譜が出ればそこそこ高評価でかのB誌にもTOPで載るけれど、片や…確かに最近デジタルミュージックや輸入盤のみの販売になっているとはいえ、もはや覚えている人も少ないのでは❓でも、当時もっと盛り上げてくれても良かったんじゃない❓ってほど、良質なアルバムを作っていたんだよなぁ。二組同時に盛り上げてくれたら…て何度思ったことか。しかも、今回対決するのは同じ時期にアルバムをリリースしたのだよ。まぁ、そして片方は、そのバンドの歴史的名盤だったから致し方ないのかなぁ…。

 

勝者 FAIR WARNING


Fair Warning burning heart live in Madrid 10-10-2009

何かいつも、ちゃんとした動画が探せずゴメン。けどさぁ、この曲は確かに衝撃だったよねぇ。おじさんがまだ大学生でバンドしてた頃、挑戦したけど、全曲FAIR WARNINGって😅声でねぇって。先輩にもっと頑張れよっていやいやいやいや。だって、動画見たら本人出てないし、そりゃ無理っしょ💦ギターだってさぁ、そもそもスカイギターじゃねぇから、フレット足りてねぇし😀チョーキングどれだけしたって誤魔化せないってっていう無謀なチャレンジだったなぁ。若いって素晴らしい👏

 

RAINMAKER

RAINMAKER

  • アーティスト: フェア・ウォーニング,ウレ・リトゲン,ヘルゲ・エンゲルケ
  • 出版社/メーカー: ダブリューイーエー・ジャパン
  • 発売日: 1995/04/10
  • メディア: CD
  • クリック: 4回
  • この商品を含むブログ (29件) を見る
 

で、天邪鬼な自分が、一人で推しメンしてたのがこれ 

AXXIS


Axxis - My Little Princess

だめだぁ。やっぱり当時のアルバムの映像はない‼️やはり、マイナーだったのだ。だから、今回はメインストリームへ帰還するきっかけとなった2000年のアルバム「Back to the kingdam」からの曲と最新アルバム「Retrolution」から2曲載せちゃお‼️


Axxis - Queen Of The Wind [Retrolution, 2017]

自分が載せたかった映像を探したかったのはこのアルバムからなのです。↓

マターズ・オブ・サバイバル

マターズ・オブ・サバイバル

 

 たしかに両者選んだ道は異なっていて、FAIR WARNINGの潔さとは異なり、こっちは時代を意識した音作りになってしまったことが、その他多くのHR/HMバンドと同様に、受け入れられなかった要因とはいえるでしょう。でも、自分意外と元々、グランジも好きだったからこういう感じもすぐ受け入れられちゃうんだよね。例えば、HELLOWEENの「THE DARK RIDE」やMOTREY CRUEの「GENERATION SWINE」も全然イケちゃうクチなんで💦でも、この2つのバンドより歴史も浅いし、そこまで重くないし、むしろ陰っててちょうどいいくらいの感じだったんだけれどね。興味ある人は損はしないと思うから。逆に今だからこそすんなり聴けるかもしれないから是非、聞いてみてください。ってか、そうか。今まで画像を貼り付けしてたから見にくかったんだということに今、気づくという😢前の記事もまたちゃんと直しておこう。少しずつ上達しているんだろうか…。今まで見にくかっただろうにゴメンよ〜。それでも読んでくれた人、本当にありがとう😭

 

 

yoshimarufp.hatenablog.com

yoshimarufp.hatenablog.com

  読んだ方は是非🙇します↓ 

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽評論へ
にほんブログ村