佳◯(よしまる)流 家計のそもさん/せっぱ

家庭(または企業)のスリム化や資産運用を応援します

いつかは書きたいと思っていたヘアメタルの最高峰ーSKID ROW

80年代はROCKが商業として勢力を拡大していった時期だった。その中で生まれた言葉が

産業ロック

だったり、一大ムーブメントとなった

LAメタル

だろう。自分の中ではそれらをまとめて、

ヘアメタル

なんだと思っている。まぁ、この言い方に関しては、ちょっと他ジャンルの蔑んだ表現っぽいところもあるのですが…。今回は敬意を表してこの言葉を使っているつもりです。まぁ、狭義のジャンル分けは別だけれど、ヘアメタルという広義の意味では、

POISONもBON・JOVIも同じ

なのかなと思う。特にこの辺のジャンルを聴かない人にとっては。

で、彼らの活躍は、その後の

グランジ/オルタナティブ勢の台頭まで続くのです。

さて、一世を風靡したセピア…ではなく(若い人にはわかるまい💧)、彼らですが、今なお、現役として第一線で活躍または後人へ影響を与えるような歴史刻んだバンドが数多く存在します。先に挙げた

BON・JOVI

DEF LEPPARD

以前、記事にしましたねー。

yoshimarufp.hatenablog.com

yoshimarufp.hatenablog.com

そしてLAの象徴。我らが

MOTLEY・CRUE

など数多のバンドがシーンを彩った中、自分の中でその完成形かなと思っているバンドが今回紹介する

SKID ROW

なのです。何故彼らなのかというと、Guns N' Rosesに関しては、確かにHR/HMの範疇であり、また時代的にもこの中に含めていいであろう事は間違いないのですが、やはりあの狂気性は唯一無二の存在であって彼らはどちらかというと

突然変異に近い存在なんじゃないかなと思ってしまうのです。

一方、SKID ROWは破天荒な部分はないとは言えないけれど、なんていうのかなぁ〜。もっと純粋に当時のシーン的なROCKをしてるっていうか…まぁ、あくまで個人的な見解ですはい。じゃ、話進めちゃおう💦

彼らのデビューアルバムは1989年。

まもなくHR/HMが下火になる頃です。

後に仲違いするBON・JOVIのサポートを受けてデビュー作がいきなり

5×プラチナムを獲得する大ヒット‼️

 

今回そこから紹介するのはこの曲


Skid Row - Youth Gone Wild (Official Music Video)

 

くぅ〜。もう、80年代ROCKのいいところ全てが詰まってます‼️

その勢いのままにリリースした2ndアルバムが

全米No1を獲得‼️

する事になります。実はこれ

ハードロック史上初の全米ナンバーワンアルバムという快挙だったのです‼️

で、時代はその後、グランジ/オルタナティブ全盛となった中、彼らももれなく迷走した3rdアルバムは、イマイチ乗り切れず。そんな中メンバー間のいざこざでボーカルのバズことセバスチャン・バックが脱退となり、その後ずっと紆余曲折中。最近、バズが復帰するという噂も立ち消えとなり、それぞれの道はまだ交わらないまま続いている。まぁ、買わないだろうけれど、

ZPサート(元Dragon Force)が加入するという意外な展開は気にはなります💧

ただ、彼らが残した楽曲に影響を受け、現在第一線級の活躍をしている、またしていたアーティストは多い。つまり、古い、ダサいと言われてしまった当時のHR/HMではあるが、彼らの楽曲は別物としてキッズに影響を与えていたところが凄いところ。ちゃら〜っとしたパーティパーティしてないからかな❓

例えば、

LOSTPROPHETS

なんかは1stアルバムのレヴューにて、自分達のインスピレーションを掘り起こすためにこの曲聴いていた記載されているし(このバンドもボーカルがバカな事をしなければ💦好きだったのに)


LOSTPROPHETS - Shinobi Vs Dragon Ninja

HALESTORM

は1stでこの曲をカバーしている。ってか、彼女らはもう、映像見ても楽曲聴いても絶対影響受けまくりでしょ(笑)この曲に(笑)


HALESTORM - Love Bites (Official Video HD)

 

で…

この曲って何❓…って話だよねー。

答えはこの曲です‼️


Skid Row - Slave To The Grind (official video) HD

もう、文句なしにクヮッコいい〜‼️

彼らの曲は、とにかく全てが男らしく、でも色気もあり、ノレて痺れるのです‼️硬派な感じな分ヘアメタルという言い方に異論はあるかもしれないけれど、やはりスタジアム級で格好というよりその存在感が派手で、最高にROCKしている彼らはやはり、

80年代ROCKの申し子であり、

最高傑作なのだと

自分は思うのです。 

ザ・ベスト・オブ・スキッド・ロウ

ザ・ベスト・オブ・スキッド・ロウ

 

読んだ方は是非🙇します↓

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

個人情報の利用目的 当ブログでは、メールでのお問い合わせ、メールマガジンへの登録などの際に、名前(ハンドルネーム)、メールアドレス等の個人情報をご登録いただく場合がございます。 これらの個人情報は質問に対する回答や必要な情報を電子メールなどをでご連絡する場合に利用させていただくものであり、個人情報をご提供いただく際の目的以外では利用いたしません。 個人情報の第三者への開示 当サイトでは、個人情報は適切に管理し、以下に該当する場合を除いて第三者に開示することはありません。 ・本人のご了解がある場合 ・法令等への協力のため、開示が必要となる場合 個人情報の開示、訂正、追加、削除、利用停止 ご本人からの個人データの開示、訂正、追加、削除、利用停止のご希望の場合には、ご本人であることを確認させていただいた上、速やかに対応させていただきます。 アクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはここをクリックしてください。 広告の配信について 当サイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。 第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにクッキーを設定したりこれを認識したりする場合があります。 免責事項 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。 プライバシーポリシーの変更について 当サイトは、個人情報に関して適用される日本の法令を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直しその改善に努めます。 修正された最新のプライバシーポリシーは常に本ページにて開示されます。 ●当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。 また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。 全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。 加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 ・特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 ・極度にわいせつな内容を含むもの。 ・禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 ・その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。