佳◯(よしまる)流 家計のそもさん/せっぱ

家庭(または企業)のスリム化や資産運用を応援します

民族系HEAVYー時々スパニッシューまぁまぁ大作(2,000字以上)になってしまいました💦

旅行を満喫中です‼️いつか、その記事も書くとか書かないとか。まぁ、それはそれとして、今日は、仙台帰省中に聴いて久々に聴いて改めて良かったバンドの紹介です‼️

 

ところで

みなさんはラテンなどの民族系が入ったHEAVYな音楽と言うと誰を思い出しますか❓

 

まぁ、そもそも

そんなジャンル知らねーよ。

とか、そもそも

うるさい音楽聴かねーし。

とか、

そゆこと言わなーい。

なぜなら、

えーえー。わかってますよ自分だって。少数派なことくらい。

でも、敢えて聞いて勝手に話を進めちゃいま〜す‼️

って事でさっきの質問に戻ると大体、こんな所かな❓

SEPULTURA


Sepultura - Roots Bloody Roots [OFFICIAL VIDEO]

SOULFLY

こっちはYouTubeにとんじゃうかも💧


SOULFLY - Back To The Primitive (OFFICIAL MUSIC VIDEO)

結局、元々出自は一緒じゃん(笑)

って、

え❓わからない❓

まぁ、そうだよね💦

実は、SEPULTURAってバンドは、元々兄弟が中心メンバーで、色々あって仲違いしてバンド出て行ったお兄さんがSOULFLYを作ったのです。まぁ、HELLOWEENやめてGAMMA RAY立ち上げたりVAN HALENクビになったサミー達がCHICKENFOOT立ち上げたよーなもんかな。

えっ❓それもよくわからない❓

そっかぁ。どうしようねぇ。ちょっと違うかもだけど、スーパーモンキーズが不要になってMAXが出来たようなもんかな💦まぁ、この話も年齢を感じさせてしまうけれど😢

 

だから、上の二つの映像

実はボーカルどっちも一緒(笑)

兄がボーカルだったのです。実は脱退してからSEPULTURAはほぼ聴いてないのです。せっかくの機会なので探してみました。


SEPULTURA - Phantom Self (OFFICIAL VIDEO)

あんま変わんね〜な。

とか

声の区別つかねーな。

とか言わないで💦ミートゥーだから(笑)

確かにこの系の音楽って馴染みがない人には違いがわかりにくいとは思います💦ってかねぇ、自分も一時期は好きだったんだけれど、おじさんになってくるとやっぱり多少なりともメロディないとキツくなるんだよね〜。あんなに好きだったPANTERAとかも今、なかなか棚から出せない。きっとねぇ。おじさんになると、そこまで音楽に向き合う時間がなくなるから、コアなのもそうだし、他にも難解な音楽や実験的な物を理解出来なくなってしまうと思うの。1曲とかはいいんだけれどアルバム1枚ぶっ通しはキツくなってしまって…。だから、デス、コアメタル、ハードコアなどは、

デス声やスクリーム系とクリーンパートやメロディの割合

が自分の中で一つのポイントになるのかなぁ。ってことで、今回のイチオシはコチラ

ill nino(イル・ニーニョ)

です。エルニーニョではありません。気候とか無関係です。このバンドは結成はアメリカだったんだけれど、ボーカルの出身などから南米はもちろん、フラメンコ的なスパニッシュ音楽も取り入れ、それが絶妙なバランスで奏でられているのです。で、南米やスパニッシュと聞くと力強く明るい感じかなと思わせるんだけれど、メロディはどっちかっていうと自分好みの叙情的な憂いがしっかりあるのですよ‼️先ずはコチラを聴いてくださいな


Ill Nino - How Can I Live [OFFICIAL VIDEO]

この曲は映画「フレディvsジェイソン」のサウンドトラックにも収められた彼らの代表曲になるかなぁ。そこで、そう来る❓というサビ前のさりげない展開にドキっとします。で、歌い上げることも出来るボーカルとソロパートで泣きのスパニッシュが入る次の曲がコチラ


Ill Nino - This Time's For Real [OFFICIAL VIDEO]

ボーカルもこの頃は長身でカッコ良かった。今は、肉〜🍖って感じになってしまいましたが(失礼💦)。でも、それはそれで迫力増すのかな❓

 

HEAVYな音楽に民族系といういずれもどっちかというとオシャレとは言えない物を取り上げたにもかかわらず、非常にスタイリッシュにまとめた所は非凡なセンスを感じます。他にも粒揃いの曲が詰まった1枚です。もっと売れても良かったんじゃないかなぁ。と、またまた感じるわたくしでした。へば。さいなら。

 

おまけ

民族系も入ってHEAVYでって言うとANGRAもそうかもしれないけれど、やっぱり彼らを紹介する時は、そっちかのアプローチではないでしょうしねぇ。まぁ、でも載せるけど(笑)


Angra - Caça e Caçador (Hunters and Prey)

 

読んだ方は是非お願いします↓

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村