佳◯(よしまる)流 家計のそもさん/せっぱ

家庭(または企業)のスリム化や資産運用を応援します

Hard Rock復権した00年代。復活への足がかりとなった4枚(独断)‼️ー後編

まずは前編はコチラ

yoshimarufp.hatenablog.com

英国のベテランが復活を遂げたなら米国出身の彼らも黙ってはいられないとばかりにニューアルバムを出し、大復活を遂げるのです‼️

BONJOVI


Bon Jovi - It's My Life

ベストアルバム「CROSS ROAD」が大ヒットしたけれど、そこに続く「THESE DAYS」がセールス的に振るわなかったが、ここで曲的にもセールス的にも大復活をするのです。まぁ、この曲を聴いたことない人はいないでしょう。ヒットしたのはもちろん、

なかやまきんに君でもお馴染みですからね‼️

まぁ、BONJOVIの場合はDEF LEPPARDのように完全に昔(NEW JERSEYあたり)の曲調とまではいかなかったけれど、ポジティブならしい曲が多く、旧来のファンも安心させると同時にHRという枠を超えて活躍するようになったかな。

 

でもさ、昨年出たアルバムも悪くはなかったけれど、やっぱりこのバンドは

ジョンとリッチー2人が納得するまでソングライティングしてなんぼだよ。

リッチーが納得せず(本人談)に、でも発売した前作「WHAT ABOU NOW」。もう周りはわかっているよ。ってことは本人が一番わかっているはず。ジョンはソングライティングの才能はもちろんあるけれど、そこにリッチーが味つけしてバンドになっていたんじゃないかなぁ。MR BIGに、リッチー・コッツェンという才能溢れるギタリストが加入しても、やはりポールのキャッチーなギターワークがないと化学反応がないのと同じだと思うんだけれどなぁ。まぁ、それがお互い理解するのはリッチーがオリアンティとアルバム作ってみてからじゃないと難しいのかな💦いつの日かをどうしても夢見てしまいます。

で、最後に若手(この当時)がドカンとHR復活の狼煙を上げた。

THE DARKNESS

なにが凄いって、

もうただでさえ全身タイツじゃん‼️(笑)

f:id:yoshimarufp:20170807215900j:plain

ジャケ裏もやばいでしょ💦

f:id:yoshimarufp:20170807221921j:plain

意味がまったくわからない(笑)

けど、

もうこれだけで気分ウキウキでしょ‼️

何かギタリストの弟がパブで兄貴が歌ったQUEENを聴いて才能とスター性に気づいたという作ったような伝説的な話とかどうでもよくて、とりあえず衝撃の

ヨーデルのような歌い方。

何から何までとにかくぶっ飛んでいるでしょ。もちろん、あまりの個性にキワモノ扱いする人がいることはよくわかるけれど、KISSだって出てきた時にはキワモノだもん。何事も純度が高ければそれはホンモノってことですよ。自分の周りも最初は笑っていたけれど、結局買っていた(笑)そういう魅力を持っていた1枚だったと思う。まぁ、確かに2枚、3枚と同じことばかりはやれないだろうし、そこは彼らもわかっていて、次のアルバムはソングライティングに磨きをかけた風だったけれど、失敗に終わってしまった。だったら、

今こそ開き直ってパーティ全開みたいな1枚を作って欲しいなぁ。

そう思いながら買い続けてはいるんだけれど…ね😢でも、このアルバムが果たした役割は絶対大きかったと思う。これがなければHALESTORMだって売れたかわからないっていうのは大げさかな❓まだ未体験の人は是非、これを聴いてみてください✋

ビデオクリップもダサい。

でも、それこそが

ハードロックのカッコよさでもある。

パーミッション・トゥ・ランド

パーミッション・トゥ・ランド

 

m.youtube.com

一番好きな曲の動画探してたら、本人達のは見つけられなかったけれど、何とあの

ベン・フォールズがカバーしていた(笑)


Ben Folds - Get Your Hands Off My Woman

読んだ方は是非🙇します↓

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

個人情報の利用目的 当ブログでは、メールでのお問い合わせ、メールマガジンへの登録などの際に、名前(ハンドルネーム)、メールアドレス等の個人情報をご登録いただく場合がございます。 これらの個人情報は質問に対する回答や必要な情報を電子メールなどをでご連絡する場合に利用させていただくものであり、個人情報をご提供いただく際の目的以外では利用いたしません。 個人情報の第三者への開示 当サイトでは、個人情報は適切に管理し、以下に該当する場合を除いて第三者に開示することはありません。 ・本人のご了解がある場合 ・法令等への協力のため、開示が必要となる場合 個人情報の開示、訂正、追加、削除、利用停止 ご本人からの個人データの開示、訂正、追加、削除、利用停止のご希望の場合には、ご本人であることを確認させていただいた上、速やかに対応させていただきます。 アクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはここをクリックしてください。 広告の配信について 当サイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。 第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにクッキーを設定したりこれを認識したりする場合があります。 免責事項 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。 プライバシーポリシーの変更について 当サイトは、個人情報に関して適用される日本の法令を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直しその改善に努めます。 修正された最新のプライバシーポリシーは常に本ページにて開示されます。 ●当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。 また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。 全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。 加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 ・特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 ・極度にわいせつな内容を含むもの。 ・禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 ・その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。