佳◯(よしまる)流 家計のそもさん/せっぱ

家庭(または企業)のスリム化や資産運用を応援します

BTS(防弾少年団)がBillboard初登場1位だった件で…。

正直言って自分はK-POPって興味ないんだけど💦先週のBillboard 200でK-POP史上初の1位獲得したのが、この

BTS(防弾少年団)

m.youtube.com

日本人ではアルバムとしては坂本九の14位が最高だったはずなので、これはアジア人としては初の快挙になるんじゃないかなぁ〜。

 

ここで、政治的な意見を述べるつもりはないんだけれど、このニュースがネットに出た時の、

まぁ〜💦コメントの辛辣な意見が多い事w

近年、CDの売上が減少しているので、Billboardのチャートは

ストリーミングが成功の鍵を握る‼️

なので

「iTuneはアメリカ以外の国からでも簡単に購入出来るから韓国のファンやアメリカ在住の韓国人が大量購入している」

「アメリカでK-POP聞くのは、韓国系アメリカ人とアメリカ留学仲の韓国人だけで彼らが大人買いしただけ」

「彼らのアメリカでのコンサートもアジア人ばかりだ」

などなど…。

 

真偽の方は定かではないけれど、もし、本当にそうだったとしても…

 

それでも凄い事には変わらないのではないだろうか❓

 

例え、そうだったとしても、これで全米には知られていくわけだし、そこから本当に英語圏(ちなみに彼らは英詞ではないようだ)のファンが増えて行くなら、例え不正だったとしてもこの快挙はプラス材料でしかないわけだし。

 

コンサートも現地にいる韓国人ばかりだというならば、誰とは言わないけれど海外進出している日本のアーティストたちだって同じではないだろうか❓誤解を恐れず言うならばベースボールの日本人メジャー選手だって同様の現象じゃないだろうか❓そこから現地の人へ広がっていくんじゃないかなぁ❓

 

我々は日本人アーティストに対して、そこまで強力なフォローって果たして出来るだろうか❓

 

そんな不正を日本のアーティストは求めてない。彼等は正々堂々世界に勝負しているんだ‼️みたいな意見があるならば見苦しいからネットで言わなきゃいいのに…💧逆にひがみに聞こえてしまうんだよねぇ。言いたくなる気持ちは多少わかるけど💦

 

一番みっともなかったのが、

「ネットもない時代にあれだけ売れた坂本九の方が凄かった」

って意見。坂本九が凄いのはもちろん認めるけれど…

 

 

今のアーティストとの比較に、そこまで遡っちゃダメだよ💧

 

それこそ過去を未だに政治利用するのと変わらないよ…。

 

でもさ。日本人はこういう音楽とか文化的な事って国や民族あげてサポートしないけれど、きっとそういう面って政治でも同じなのかなぁ❓日本には「言わない美徳」ってあるしねぇ。自分もそういう部分あるし。

 

でも、世界ではその姿勢が必ずしも伝わるわけじゃないんだよなぁ…。

 

だから、いつの間にかあの像やら何やらが世界中に広がってしまうのかも…。そういう面ではネットで叩くだけじゃなく、こういうスマートとは言えないくらいの露骨な貪欲さって見習う部分もあるのかもね💧っていつの間にか、今回の快挙に対しネットの意見を真実のようにしちゃっているけれど💦

 

 

何だかよくわからない話になったけど💧いずれにしても、凄い事だよという記事でしたwネタがない日はこんなもんだw

 

 

にしてもArctic Monkeys(初登場3位)やGodsmack(初登場5位)が1位を取れなかったし、その後チャートも急降下しているところを見ると…

まだまだROCK市場は厳しいようだなぁ💦

そっちの方が自分には問題だ…💧

 

読んだ方は是非🙏↓

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

個人情報の利用目的 当ブログでは、メールでのお問い合わせ、メールマガジンへの登録などの際に、名前(ハンドルネーム)、メールアドレス等の個人情報をご登録いただく場合がございます。 これらの個人情報は質問に対する回答や必要な情報を電子メールなどをでご連絡する場合に利用させていただくものであり、個人情報をご提供いただく際の目的以外では利用いたしません。 個人情報の第三者への開示 当サイトでは、個人情報は適切に管理し、以下に該当する場合を除いて第三者に開示することはありません。 ・本人のご了解がある場合 ・法令等への協力のため、開示が必要となる場合 個人情報の開示、訂正、追加、削除、利用停止 ご本人からの個人データの開示、訂正、追加、削除、利用停止のご希望の場合には、ご本人であることを確認させていただいた上、速やかに対応させていただきます。 アクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはここをクリックしてください。 広告の配信について 当サイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。 第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにクッキーを設定したりこれを認識したりする場合があります。 免責事項 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。 プライバシーポリシーの変更について 当サイトは、個人情報に関して適用される日本の法令を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直しその改善に努めます。 修正された最新のプライバシーポリシーは常に本ページにて開示されます。 ●当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。 また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。 全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。 加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 ・特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 ・極度にわいせつな内容を含むもの。 ・禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 ・その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。