佳◯(よしまる)流 家計のそもさん/せっぱ

家庭(または企業)のスリム化や資産運用を応援します

死闘‼️vsタワレコ(仙台店)

10月に10月にTHE RASMUSの新譜があるので、絶対買うだろうから今日は見るだけ〜と思ってチラッと寄ったのが運の尽き…。渋谷同様

死闘になってしまった💦

ちなみに今回、下記の記事にALL BUT ONEのライブ以外の音源が見つかったので追加しておきました。B誌で81点って低すぎじゃない❓まぁ、純粋なHR/HMではないから致し方ないかもだけれど。

yoshimarufp.hatenablog.com

 

まず最初に聴くだけと思ってたけれど、やっぱりぐらついた

Foo Fighters

文句なしの大御所ですねー。今年もサマソニを大いに盛り上げたことでしょう。行けなかったけれど💧だが、チャートの動向も見据えつつと決めていたのでまずは我慢。

PROPHETS OF RAGE

レイジ×パブリック・エナミー×サイプレス・ヒルからなる正真正銘のスーパーバンド‼️いやぁ、エネルギーが凄くて思わず手に取るものの、最近RAP系を1枚通して聴くのは厳しいよねと言い訳を作り何とか堪える。

SLEEPING WITH SIRENS

最初に聴いた時は女性の声かなと間違うほど。ポスト・ハードコアというふれこみだったけれど、多分昔はシャウトもあったからなのかな❓ってか、自分はこれまでノーマークだった。ワンオクと一緒にやってたりもするらしい。いや。これカッコいいよ。もっと一般のオルタナティブファンやロックファンにも訴えることが出来る1枚‼️


Sleeping With Sirens - Empire To Ashes (Official Lyric Video)

ESKIMO CALLBOY

ドイツのバンド。スクリーモメタルコアにEDM要素をふんだんに散りばめ、アゲアゲな音楽を展開することから「ピコリーモ」とも言われる。ソツのない作り込み方がドイツのバンドらしいですね。AMAANTH好きな人もいいかもしれない。もはやダンスとロックの融合は普通。HR/HM畑かHARDCORE側かなどバンドの元々のジャンルに拘るということは気にせず広く紹介すべきと感じる1枚。まぁ、彼らに関しては両ジャンルの雑誌から高評価だったけどね。

SMASH HIT COMBO

フランスのバンド。日本のオタク文化、ゲーム文化が大好きとのこと。やっぱり前述のバンドもそうだけれど、ヨーロッパのバンドらしく、スクリーモでもスタイリッシュにまとめてくるよなぁ。こういった若いバンドの今後に期待しつつ

H.e.a.t

北欧を代表する日本でも人気のスウェーデン出身のHRバンド。

自分も前作までは持っているのですが、前作がちょっとメタリックになった感じでハマらなかった。今回は前作で一度脱退したオリジナルメンバーが復帰。そのせいか前作よりらしい感じはしたのですが、う〜ん。まだ迷う。彼らの自分の中での名曲はコチラ


H.e.a.t "Living On The Run" Official Music Video (HD)

TRICKFINGER

レッチリのギタリストとして活躍したジョンフルシアンテによるダンス・ミュージック・プロジェクト。とはいえギターアルバムなわけではなく、聴こえてくるのはシンセとドラム・マシーン。よっぽど彼のファンじゃないと厳しいかな💦

THE HORRORS

The Killers

The National

ALTER BRIDGE

はい。まとめて全部いい‼️但し、自分の先見の明がなかったことから彼らは全てデビュー当時そのうち消えると踏んでしまい追いきれなかった。いや、追わなかったアーティスト達。キラーズなんてピンキーいないもんって思ってたくらい(笑)すまん。マルーン5同様ベストから対応させてもらいますm(_ _)m

で、結局もう一度

SLEEPING WITH SIRENS

を聴いて後悔しないかを再度確認し購入。今回がメジャーデビュー作であり、1stシングルは2018年平昌オリンピック/パラリンピックの全米チーム公式テーマソングに使用されることが決定しているということからも是非日本でも今後注目して間違いないかなと思います。ってことで、もう1曲‼️


Sleeping with Sirens - Legends (Official Music Video)

読んだ方は是非🙇します↓

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村