佳◯(よしまる)流 家計のそもさん/せっぱ

家庭(または企業)のスリム化や資産運用を応援します

もしかしたら伝説的名盤になっていたかもしれない②ーSAIGON KICK

HEAVY界から出てきた変幻自在アーティスト

90年代、HR/HM界は明らかに迷走した。それはアーティストも雑誌も。当然、その要因の一つは、NIRVANAえおはじめとするグランジ/オルタナティブ勢の台頭にある。詳しくはこちらから↓

yoshimarufp.hatenablog.com

そこで、HR/HM系列のアーティストからは、一つの流れが出来てくる。その音楽性は簡単に言えば、

重いリフの演奏陣にBIATLES的メロデイーが入る。

というものだ。この流れの代表的なバンドと言えば、この2つのバンドかな

KING′S X


King's X - American Cheese (Jerry's Pianto)

ザ・ベスト・オブ・キングスX

ザ・ベスト・オブ・キングスX

 

GALACTIC COWBOYS


Galactic Cowboys - Circles in the Fields

Space in Your Face

Space in Your Face

 

 

まぁ、いつもだけど、何でこのバンドでこの曲っていう感じを受ける人は多いんでしょうが、調べ方下手なんです。そもそも苦手なんです。この曲から繋げていって、このバンドの本当の音楽性を知ってください💦

もちろん、BIATLES的なものだけではないけれど、やはりこの流れを作ったのは自分としては、この2つの

バンドかな↓

ALICE IN CHAINS 

上の過去記事に以前曲は載せているので 気になる方はそこから参照してください。

STONE TEMPLE PILOTS

グレイテスト・ヒッツ(初回生産限定)(DVD付)

グレイテスト・ヒッツ(初回生産限定)(DVD付)

 


Stone Temple Pilots - Interstate Love Song

このバンドたちがいなければ、METALLICAのブラックアルバム以降の流れも、現在のロックシーンも存在しなかっただろう。さて、そんな中、もっと様々なシーンから支持を得てしかるべきだったバンドが今回紹介する

SAIGON KICK

だ。このバンドは上記のようないわゆるHEAVYなROCKにキャッチーなメロディーが乗っかってくるという曲調が基本だが、このバンドはその音楽性の幅広さがエグいという特徴がある。パンク、ボサノヴァワールドミュージック…こう書くと、音楽性が散漫になり統一性がないように感じられるかもしれない。何をやりたいの❓っていう音楽になる可能性が出てくるけれど、それを見事にSAIGON KICKの名の下に一体感を生み出しているのだ。

最大のヒット曲はこちら


Saigon Kick - Love Is On The Way

Lizard

Lizard

 

 いい曲でしょ❓でも、アルバムとしての最高傑作はこの「Devil in the details」です。まずHEAVYな音楽ってあまり好きじゃないんだよねと思う人でも、次の2曲だけはせめて聞いてください。HEAVY界だけにいるべきではない才能がここにあったことが絶対にわかってもらえると思うので。むしろ、だからこそ売れなかったのかもしれないけれど💧


Saigon Kick - Spanish Rain


Saigon Kick - Victoria ( Lyrics )

で、もちろんHEAVYな曲だって一級品‼️


Saigon Kick - Killing Ground (audio)

Devil in the Details by Saigon Kick

Devil in the Details by Saigon Kick

 

 

デビュー当時はグランジ/オルタナティブとして売り出され、その後はHR/HMとして売り出され時代に翻弄されてしまい結局どちらからも認識が曖昧な状態になり、支持を得られることができなかったことが残念で仕方ならない。また、ギターソロがとにかくカッコいいんだけれど、そこも当時のグランジ系にマッチするわけではなかったのと、逆にHR/HM側からはギタリストとしての評価が高くなかったことからもギターキッズもふり向かすことが出来ず本当に残念で仕方がなかった。その後は中心人物のJason bielerはHeavy rockバンドの(ゴメン💦名前忘れたけど、時期的にはAlien ant farmあたりに出てきたバンド)プロデューサーしたりと活躍するも次のアルバムで解散を余儀なくされる。数年前復活したらしいけど、それなら再評価というか、正当な評価を今度こそされてほしいなと切に願うこの頃です。万華鏡のように色とりどりなのにアーティストとしての統一感もあるっていうのは稀だと思うんです。ほ〜んといいアルバムです❣️

 

 読んだ方は是非🙇します↓

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

 

yoshimarufp.hatenablog.com