佳◯(よしまる)流 家計のそもさん/せっぱ

家庭(または企業)のスリム化や資産運用を応援します

7月新譜情報チェックしてみた〜その②(ALTERNATIVE/HEAVY ROCK/METAL CORE編)

さて、今月の新譜情報第2弾‼️

ALTERNATIVE/HEAVY ROCK/METAL CORE編

このジャンルは、やっぱりアメリカ系が多いね。アメリカと言えば

headlines.yahoo.co.jp

素晴らしいね‼️

 

 

俺も負けずに熱く語るぜ‼️

 

 

Nine Inch Nails/Bad Witch

いよいよ本格的な再始動か‼️90年代の寵児としてシーンに与えた影響はNIRVANAと双璧をなす。共に肥大化したROCKへのカウンターカルチャー的な存在で、80年代ROCKに批判的…特にPUNKシーンでは両手を挙げて歓迎された両者ではあったが、自分の中では、両者の方法論は実は大きく違っていたのではないかなと思っている。NIRVANAがより本来のROCKが持つプリミティブさを現代(当時)的な解釈で登りつめたのに対し、こちらは打込みを取り入れ、よりROCKというカテゴリーの枠を拡大解釈したのではないだろうかと思う。厳密には彼らはインダストリアル・ミュージックではあるが、大きな枠で同じオルタナティブというカテゴリーで括られた両者だが、その影響はNIRVANAが彼らが持つ陰の部分より陽に焦点が当てられ以降のGREEN DAY、OFFSPRINGなどPUNK、そして普遍的なPOP/ROCKのカリスマへ昇華された(まぁ、これにはFoo Fightersのデイヴの存在も大きかっただろう)のに対し、NINはKORN、WHITE ZOMBIE、SLIPNOT、LINKIN PARK、日本ではBUCK-TICKやMAD CAPSULE MARKETSなど現代HEAVINESSへ向かい、今やどちらかというとHR/HMへ与えている影響が大きいのも興味深い。この手のジャンルが好きな若い人で彼らを体験していないなら是非聴いて欲しい。

全てはここから始まったのだと…。

m.youtube.com

バッド・ウィッチ

新品価格
¥2,376から
(2018/7/16 17:05時点)

 

Caliban/elements

ドイツのバンドで結成21年のベテランという事だけど、正直初めて知った。今作は本国チャートでは過去最高の6位となったらしい。METAL COREという事だったけれどHR/HMの新譜情報に載せようかなぁと思ったほど。凶暴性の中にもしっかり作り込まれた感があるのはやっぱりドイツ気質の表れだろうか❓ドイツや日本って職人気質なところがあるからねぇ。例えばメロコアやHEAVY ROCK勢でもDONOT’SやGUANO APESのようにね。ただそれが弾けなきゃいけないようなジャンルだと時に物足りなくもあり聴きやすくもあり…💧

m.youtube.com

エレメンツ

新品価格
¥2,592から
(2018/7/16 17:09時点)

Tremonti/A Dying Machine

 Creed〜AlterbridgeのギタリストMark Tremontiによるプロジェクト…というか、もう4枚目だから別バンドって感じかな❓ここではきっと彼が在籍バンドでは出来ない自由な発想を発散させているんだろうねぇと感じるような伸びやかさがある。こういった音楽は、欧州では絶対作れないだろうなぁって感じ。音源から

アメリカン・メタルの「今現在の到達点」がここにある‼️

って言いたげな自信に溢れた1枚。ロック不調のチャートアクションはどうなるか❓

m.youtube.com

ア・ダイイング・マシーン

新品価格
¥2,700から
(2018/7/16 17:11時点)

Breaking Benjamin/Ember

様々なトラブル見舞われながらも、今作品も全米初登場3位送り込んだHEAVY ROCKバンド。この手の王道「激しくも切ない系」だけれど、これを聴けば今のアメリカが何を求めているのかがわかるし、日本のこっち系バンド(弘中アナや浅田舞と噂になったあのバンドとか)が果たして何になりたいのかが見えてくるんじゃないかな❓

m.youtube.com

EMBER

新品価格
¥1,138から
(2018/7/16 17:12時点)

 

 

読んだ方は是非🙏↓ 

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

個人情報の利用目的 当ブログでは、メールでのお問い合わせ、メールマガジンへの登録などの際に、名前(ハンドルネーム)、メールアドレス等の個人情報をご登録いただく場合がございます。 これらの個人情報は質問に対する回答や必要な情報を電子メールなどをでご連絡する場合に利用させていただくものであり、個人情報をご提供いただく際の目的以外では利用いたしません。 個人情報の第三者への開示 当サイトでは、個人情報は適切に管理し、以下に該当する場合を除いて第三者に開示することはありません。 ・本人のご了解がある場合 ・法令等への協力のため、開示が必要となる場合 個人情報の開示、訂正、追加、削除、利用停止 ご本人からの個人データの開示、訂正、追加、削除、利用停止のご希望の場合には、ご本人であることを確認させていただいた上、速やかに対応させていただきます。 アクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはここをクリックしてください。 広告の配信について 当サイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。 第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにクッキーを設定したりこれを認識したりする場合があります。 免責事項 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。 プライバシーポリシーの変更について 当サイトは、個人情報に関して適用される日本の法令を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直しその改善に努めます。 修正された最新のプライバシーポリシーは常に本ページにて開示されます。 ●当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。 また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。 全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。 加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 ・特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 ・極度にわいせつな内容を含むもの。 ・禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 ・その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。