佳◯(よしまる)流 家計のそもさん/せっぱ

家庭(または企業)のスリム化や資産運用を応援します

バラード以上に❓グッとくるミドルテンポな曲を10曲ほど集めてみた‼️

今回、この記事を書こうと思ったのは、この曲を紹介したかったから‼️

①BROKEN HEART/WHITE LION

m.youtube.com

カッコいい‼️エレキが入る所も

グッと来る

し、ソロも泣きのメロディー満載で😢

グッと来る

し、このハスキーな声がエロくて

グッと来るけど…

この曲、バラードと言えばバラードだけど、パワー・バラードとしてもギターのリフもザクザクいっているし🎸って言う

判断に困る曲って結構ない❓

自分だけかなぁ〜💦

って事で、今回はそんな

ミドルテンポでグッと来る曲

を集めてみた‼️

さっきから

グーグーうるさいけれど💦

 

 

 

 

 

 

 

 

………………………………………………

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

えらいこっちゃなんのこっちゃ〜♬

https://image.rakuten.co.jp/plusdesign/cabinet/1181-1200/1191_01.jpg

さぁ、毎度同じ入り方だけど💦今回もサクサク行ってみよーw

②THE WHOLE WORLD’S GONNA KNOW/MR BIG

m.youtube.com

イントロからカッコいいし、ソロもgood👌この曲何でベストから漏れたんだろうと思うくらい💦この曲はホント〜にポールがいい仕事をしていると思う‼️…ってか、

パット…早いよ…😢RIP

www.barks.jp

③LIGHT IN YOUR EYES/GOTTHARD

m.youtube.com

まるでリッチー・サンボラのようなトーキング・モジュレーターの使い方はもちろん。楽曲自体が素晴らしいし、それを更に際立たせる稀代のボーカリスト…完璧‼️

④UNDER THE OLIVE TREE/LANA LANE

m.youtube.com

ガーデン・オブ・ザ・ムーン

ガーデン・オブ・ザ・ムーン

  • アーティスト: ラナ・レーン,ニール・シトロン,エリック・ノーランダー,トゥリー・ウィンフィールド
  • 出版社/メーカー: バンダイ・ミュージックエンタテインメント
  • 発売日: 1998/02/21
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログを見る
 

この曲のドラマティックさは、病み付きになる‼️このバンドは、一時期かなりB誌でもてはやされてはいたけれど、自分的には楽曲のバラツキが大きいなって感じだったんだけれど…だからこそ生まれたのか❓と思うくらいの会心のシンフォニック・ロック‼️

⑤WILD CHILD/SCORPIONS

m.youtube.com

90年代HR/HM不遇の時代に出したアルバムより。アルバム全体が時代に逆らうように歌メロを中心とし、しかもこの曲を1曲目持って来たことでその印象は更に強まる。そんなアルバムにするならば…

明らかにこのジャケは失敗でしょw

 

 

 

HR/HMが増えすぎたので…ちょっとここで方向転換💦

 

 

 

⑥MUSCLE MUSEUM/MUSE

m.youtube.com

タイトルは肉だけど繊細な初期の代表曲。正直、以前も言ったけれどこの時点での彼らは正直、個性があったとは言えなかった。むしろ、その音楽性を変えていき、過去の彼らを望んだファンに対しての

RADIOHEADの代用品

だったと思う。クオリティは高かったけどね‼️その後の変化でそのイメージを払拭することに成功したけれど、このアルバムではRADIOHEADの影響を大きく感じさせながらも非凡な才能を感じさせる曲となる。

 

ってか、ならばこっちも

⑦EXIT MUSIC(FOR A FILM)/RADIOHEAD

m.youtube.com

映画「ロミオとジュリエット」のエンドロールに使用される為に作られた曲ではあった。とにかく前半は儚く美しい。触れたら壊れてしまいそうな…。だけど後半の混沌としていく様は出口の見えない絶望なのか。自分の中では彼らのピークのアルバム❓ん〜でも、やっぱベンズと甲乙つけがたし💦

⑧SMOG MOON/MATTEW SWEET

m.youtube.com

 知る人ぞ知るPOP職人‼️彼の音楽はいつだって100%FUNと思いきや、郷愁だったり、幼少期を思い出させグッとくる曲があった。ん〜ホントこの曲聴いていると「三丁目の夕日」が似合うような煙突と夕日が浮かんで来るのは自分だけだろうかwそして、もう一つ言えることは…

別にこの曲はバラードって言ってもいいんじゃ❓

うるさい💢紹介したかったの‼️

⑨YOU CRUCIFIED ME/DEMOLITION23

m.youtube.com

デモリション23

デモリション23

 

HR/HMの分野で語られることの多いHANOI ROCKS。その中心人物マイケル・モンローの新バンドだったけれど、当時B誌では酷評に近かったと思う。けど、やっぱりHR/HM誌でこのアルバムを評するのは酷だったと思う。彼はその音からも本来PUNK分野でもっと語られるべき人だと思うし、このバンドはホント今聴いても文句なしにカッコいい‼️近年再評価されて久しいハノイやモンローだが、このままモンローにとって黒歴史みたいな扱いにされて欲しくないバンドだと思う‼️

⑩SHE SPIDER/MEW

m.youtube.com

このバンド。正直3rdくらいまでは追っていたんだけれど…プログレ方向へ進み、悪くないけれど別物。ってか、この1stが凄すぎるんだよ💦名盤中の名盤💧当時MANIC STREET PREACHERSがお気に入りと言うことだったけれど、もしこのアルバムが彼らの1stだったとしたら、有言実行で解散していたんじゃと追わせるくらいの快作‼️

 

 

次点 YOU LEARN/ALANIS MOROSSETTE

m.youtube.com

世界的には言わずと知れたモンスター・アルバム。今回のテーマっぽいかと言われれば

「❓」なので次点にw

でも、彼女の表現者としての能力と楽曲のPOPさがうまく溶け合った代表曲と言えるだろう。これ以降は表現者としての顔が大きくなり過ぎ自分はいつしか購入をフェードアウト…。

 

さて、なかなか今回は苦戦したというか正直、統一感がちゃんと出せた選曲だったのかも心配💧

 

ただ、いずれにしてもミドル・テンポの曲って実は一番アーティストの個性を出すことが出来るけれど、その代わり下手すると本当の作曲能力やアーティストの底が見えてしまう(ホントにミドル・テンポの曲でつまらない曲って目も当てられないのが多い💦)おそろしい存在なのだ‼️スピードあふれる曲や明らかなバラードにした方が実は簡単だしアラもバレない。そんな中で傑作を生み出した上記アーティストたちへの尊敬の念はやまないのだよw

 

 

 読んだ方は是非🙏↓

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村