佳◯(よしまる)流 家計のそもさん/せっぱ

家庭(または企業)のスリム化や資産運用を応援します

大谷もメジャー。これを選手流出と捉えるかどうか。

11月11日 大谷がメジャー行きを正式に表明した。

headlines.yahoo.co.jp

もちろん、個人的には頑張って欲しい‼️ってかさ、むしろ

完膚なきまでメジャー選手を叩きのめして欲しい

と思っている反面、

そこまでは難しいかな

と思ってしまっている。というのも、やはり、一流の日本人選手としてメジャーに行って

日本以上の成績を収めた選手はほぼいない

からだ。私達は想像出来ただろうか。あれだけ国内無敵だった

田中将大ダルビッシュ有

が、打たれる姿を。そして松井秀喜イチローそう考えるとやはり残念ながら成績はしっかり残しているけれど、

長打力に関しては、シフトチェンジをしている

わけで(まぁ、長打力が評価の対象ではないかもしれないけど)…。そう考えれば、残念ながら、やはり

日本球界よりメジャーの方がレベルが上

なのは間違いないのかなと思う。そこは以前、ある名将(自分の地元球団でも監督していたけれど)が、今のメジャーだったら自分はいかない。レベルが下がったから的な発言を聞いたことがあるけれど、それはやはり

負け惜しみ

にしか聞こえない。今、日本球界を考えるならば、それはやはり現状を冷静に見極めた上で発言すべきな気がする。そうじゃないと、ただの妄言であり、我々が疎ましく感じる彼の国達と同レベルでしかないからだ。

サッカー選手の海外行きはほぼ満場一致で行け行けなのに、何故野球はそうはならないのだろうか❓

やっぱり、我々が感じる世界との差

じゃないかな。残念ながら先日のサッカー親善試合対ブラジル戦。国民の何%が

勝てると感じただろうか❓

世界との差がどれだけ縮まったのか。

今、どれだけ日本代表がやれるのか。

親善試合で下手に勝負に拘るより若手にチャンスを与えてあげたい。

って考えた人の方が多いんじゃないだろうか❓そう、まだまだ我々はサッカーに関しては世界との差があることをしっかりと認識しているのだ。だから選手が海外に行ったとしても、あくまで日本サッカー界の代表というより、その選手個人の行動であり、彼の能力が

どこまで通用するのか見てみたい。

そして戻ってきた時に彼の経験が

日本サッカー界に貢献してくれそう。

と素直に考えられる。でも、野球の場合はどうだろうか❓大リーグとの親善試合も下手すると7戦の

対戦成績今回は上回ってくれよ‼️

と期待してしまうし、もちろん参加国が少ないなどもあるけれど、現状、大リーガーが出ないオリンピックに関して、

メダル獲得以外は批判の対象

になってしまうわけで…。つまり、個々人の能力ではなく、球界全体が

世界レベルだという自負

が国民の中にある気がする。だから、選手が戻ってきた時も、

向こうで通用しなかったから戻ってきた

と思われてしまう。日本の野球に対しての自負が大リーグ挑戦の表明は選手の流出と言われてしまうんだろう。

 

大リーグがセリエAだとすると日本球界はプレミアリーグくらいの自負があるのかもしれない。でも、本当の意味でそうなるのであれば、まだまだ課題は多いんじゃないか。

①選手年棒などの資金面

正直、これは敵わないんじゃないかな。それでなくても日本野球界は他のスポーツにい比べ年棒は高いわけだし…国力がそもそも違う。よくこんな大国と戦争したもんだ💦

大リーグと同じ方法では、困難なことはわかったところで

②外国人枠撤廃を含めた真の実力主義の実現

 一時的に外国人が増えてしまえば人気は下がるだろうし、批判もあるだろう。が、レベルは世界最高峰と思っていながら一方で枠を設けて日本人選手の既得権益があること自体はどうなんだろう❓本当に撤廃して外国人選手が大量に流入したら日本人選手は取って替わられてしまうのかもしれない。但し、もしそうなった場合は、結局

大リーグの下部組織でしかないものが出来上がるだけ

だろう。そうならないよう日本野球って本来何が特徴なのだろうかという話になるが、結局、

③組織的なスモールベースボール

なのだろう。野球とベースボールは違う物と外国人選手が言ったり、大リーグへ行った選手が言ったりして何かそれが悪いことのようになっているけれど、本当に日本野球が大リーグと肩を並べるのであれば、

それでいいじゃないか‼️

もっとここを誇ってもいいんじゃないかな。体格が違う人間が同じような事をしてても当然その場合、魅力は大リーグの方が数倍上なわけであって。管理野球って言ったって、選手個々の特徴をしっかり活かせば、観ている側だって面白くないわけではない。

黄金期の西武が魅力なかったかと言われれば決してそんな事はないわけだから。

最近の真っ向勝負のストレートが速い選手だけがもてはやされるんではなく、もっとヤクルトの石川、元ロッテのサブマリン渡辺みたいな投手が注目されるべきなんじゃないかと思う。普段のリーグ戦はプロなんだからと大味な事をして結局WBCの時にだけスモールベースボールとか言っても、実践できるわけないじゃない。最近の日本の長距離打者ってやっぱり大味で松井のような凄味が感じられず、どうしても世界に通用する感じがしない。

清宮にはそうはならないで欲しいなぁ〜。

もっと駆け引きで勝負をしていく。そしてそれをどのように楽しめばいいかをテレビ、解説者など全体で伝えて行けばベースボールとは違った野球という新しい見方が浸透し、もっと大リーグとの差が違った形で埋まるかもしれない。

 

でも、

選手側としては窮屈に感じるのは確実かな。これはこれで結局、大リーグへの流出止まらなそうだわw

 

いずれにしても、我々にとっても選手にとっても魅力ある球界を作るよう球団、監督なども一丸となり努力すべきなことだけは間違いないんだけれどね。そして、大リーグへ行った選手は大リーグが日本球界よりどこが優れているかだけではなく、逆に日本球界が大リーグより優れている部分はあるのか。あるのならそれはどこかをもっと話すべきだし、本当の意味で大リーグへ追いつく為にはどのようになるべきかを外を経験したからこそ伝えていく事が球界への恩返しなのではないかなとも思うのだけど、それは自分の勝手な思いなのかなぁ。

 

読んだ方は是非🙏↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

個人情報の利用目的 当ブログでは、メールでのお問い合わせ、メールマガジンへの登録などの際に、名前(ハンドルネーム)、メールアドレス等の個人情報をご登録いただく場合がございます。 これらの個人情報は質問に対する回答や必要な情報を電子メールなどをでご連絡する場合に利用させていただくものであり、個人情報をご提供いただく際の目的以外では利用いたしません。 個人情報の第三者への開示 当サイトでは、個人情報は適切に管理し、以下に該当する場合を除いて第三者に開示することはありません。 ・本人のご了解がある場合 ・法令等への協力のため、開示が必要となる場合 個人情報の開示、訂正、追加、削除、利用停止 ご本人からの個人データの開示、訂正、追加、削除、利用停止のご希望の場合には、ご本人であることを確認させていただいた上、速やかに対応させていただきます。 アクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはここをクリックしてください。 広告の配信について 当サイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。 第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにクッキーを設定したりこれを認識したりする場合があります。 免責事項 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。 プライバシーポリシーの変更について 当サイトは、個人情報に関して適用される日本の法令を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直しその改善に努めます。 修正された最新のプライバシーポリシーは常に本ページにて開示されます。 ●当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。 また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。 全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。 加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 ・特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 ・極度にわいせつな内容を含むもの。 ・禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 ・その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。