佳◯(よしまる)流 家計のそもさん/せっぱ

家庭(または企業)のスリム化や資産運用を応援します

またもタワレコ頑張った‼️

今回はお目当のCDが元々あったので、当然そこは決まっていたし、前回期せずして1枚購入した

yoshimarufp.hatenablog.com

ので、ここはこれ以上中古ならまだしも新譜はなぁと…。

目当のものだけ買って後はそそくさと退散だな…。

誰に言うわけでもないくらい小さなつぶやきをし、店へ入る私に対し悪魔の囁きかのように突然音楽が耳にふいに飛び込んで来たのだ。

こっこの声はリアム…。ホントにリアムなのか❓

彼の声を聞かなくなってもう何年が経つだろう。雑誌で新譜が出ることは知っていたのだが…。OASISとしての復活が望めない状態が続き、逆に今、復活したとて当時の勢いを望むべくもないことを考えれば簡単なリユニオンは不毛な事と思っている。そして、OASIS解散後の彼のバンドを追う事をついに許さなかった自分の気持ちを逆なでするかのように変わらずに心に刺さる声とメロディ。そうか。どんなバンドだろうが、またはソロであったとしても彼の声は唯一無二なのだな。店内でかかる彼の曲に、これまですまなかったと自分の浅はかさを痛感したのだった💧

LIAM GALLAGHER


Liam Gallagher - Wall Of Glass (Official Video)

と、こうして懺悔めいたこと言ってるけど、

結局、買ってないんだけどねぇ〜💦

で、その棚にあったのが、

NOTHING BUT THIEVES


Nothing But Thieves - Amsterdam (Official Video)

恥ずかしながら初めて聴いたんだけど、イギリスのバンドのようですね。

これやばいね💦

うわぁ。前回のじゃなくて、こっちを買うべきだったかなぁ。いや💧別に前回購入したSWSも悪くないし、むしろ良いんだよ。でもこれも良かった‼️もう手が出そうだったんだけど、実は今月は後半に気になっているバンドもいくつかあって、次こそじっくり様子見ようと言う事で、まずは我慢がまんガマン‼️

で、次に目に飛び込んで来たのが、御大

MARILYN MANSON

と以前記事で紹介したこともある。

THE DARKNESS

今回は両バンドとも、結構気合い入れて張り切ったかなぁ。どうしても、アーティストってアルバム重ねるとアーティスティックになって徐々によく言えば大人になり、悪く言えば大人しく、または勢いがなくなるからねぇ。でも、そこを過ぎて生き残ったアーティストって大概もう一度自分達を取り戻す時があるんだよねぇ。上記の二組は今回がそこに来た感じかな‼️結構、勝負のアルバムになるかも。で、最後に気になったのがコチラ

SONS OF TEXAS


Sons Of Texas - Beneath the Riverbed (Official Music Video)

巷では「PANTERA MEETS NICKELBACK」と言われているけれど、確かにって感じです。HEAVY ROCKは全体としてMETALCORE全盛の時代に絶滅しつつあるPANTERAの香りが残った音に出会えた事だけでもちょっと嬉しくなった(笑)まぁ、そう言っておきながら、この曲はゴリッゴリNICKELBACK系だけど💦

 

時代が多様化して、昔のようにスーパースターが現れにくい時代になった事は間違いないんだけれど、じゃあ、音楽のクオリティが下がったかというと決してそんな事はなく、若くていいバンドは昔より多いのかもしれない。何かそれは今のお笑いとか芸能人と同じ状態なのかもしれない。いいものが沢山あるから買う方は選択肢が多くて迷うんだけれど、ネット購入だけではなく、適度に大きなレコード店に行って色んなアーティストを聴くのってやっぱり楽しいし、今後の流行りや選択の参考になる。それだけでお店が存在する意味は大きいと思う。そう考えるとCDが売れなくなったって言うけれど、ネットだけではもしかしたら全く異なるっていうか自分が聴いてこなかったジャンルや全く知らないアーティストを聴いてみるという機会が減っていることに繋がっているのではと思うとちょっと悲しいっていうか勿体無いな〜と思う今日この頃でしたとさ。ちゃんちゃん。で、結局何買ったのかって❓それはまた今度✋

読んだ方は是非🙏↓

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

個人情報の利用目的 当ブログでは、メールでのお問い合わせ、メールマガジンへの登録などの際に、名前(ハンドルネーム)、メールアドレス等の個人情報をご登録いただく場合がございます。 これらの個人情報は質問に対する回答や必要な情報を電子メールなどをでご連絡する場合に利用させていただくものであり、個人情報をご提供いただく際の目的以外では利用いたしません。 個人情報の第三者への開示 当サイトでは、個人情報は適切に管理し、以下に該当する場合を除いて第三者に開示することはありません。 ・本人のご了解がある場合 ・法令等への協力のため、開示が必要となる場合 個人情報の開示、訂正、追加、削除、利用停止 ご本人からの個人データの開示、訂正、追加、削除、利用停止のご希望の場合には、ご本人であることを確認させていただいた上、速やかに対応させていただきます。 アクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはここをクリックしてください。 広告の配信について 当サイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。 第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにクッキーを設定したりこれを認識したりする場合があります。 免責事項 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。 プライバシーポリシーの変更について 当サイトは、個人情報に関して適用される日本の法令を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直しその改善に努めます。 修正された最新のプライバシーポリシーは常に本ページにて開示されます。 ●当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。 また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。 全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。 加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 ・特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 ・極度にわいせつな内容を含むもの。 ・禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 ・その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。