佳◯(よしまる)流 家計のそもさん/せっぱ

家庭(または企業)のスリム化や資産運用を応援します

実は、かなり多彩な才能の持ち主〜NIKKI SIXX

ニッキー・シックスという名前を聞けば、泣く子も黙るモトリー・クルー(MOTLEY CRUE)のリーダーだ。BAD BOYS界の王者たる彼らの鳴らす音は常に豪快できらびやかだった。

m.youtube.com

 

バンドというのは、メンバー同士による化学反応で発生するエネルギーがバンドの確たる音楽を作り上げていく。しかし、ソングライターとして、またはメンバーの中には、そのバンドではなし得る事は出来ない音楽の作成意欲が生じる事がある。その時に起こす手段として、

①自身がなし得たい音楽を追求するためにバンドを脱退する

ケースと

②他活動の場を設け、その欲求を発散させる

ケースがある。彼はどちらかというと後者を選択するタイプだ。まぁ、実際には、自身のバンドでそれをしようとしたがうまくいかなかったと言うのが正しいかもしれないが💦

 

例えば2001年の作品でギルバート・オサリバンのあの名曲をヒップホップ風味でカバーしたこの曲なんかは、聴いただけでは彼が絡んでいるとは誰も思わないだろうw

Diet for a New America

Diet for a New America

 

m.youtube.com

この時、モトリーのもう一人の中心人物トミー・リー(TOMMY LEE)が脱退し、当時の主流だったRAP METALのバンドMETHOD OF MAYHEMを立ち上げ(彼は①の手段を選んだ)ていたが、脱退するという方法を理解出来なかったというのは、こういったサイド・プロジェクトなどで楽しむ方法があるからだという思いがあるからだ。

 

実は、ニッキーのソングライターとしての側面は、そこまで評価されてなかったように思う。というか、

ここまで柔軟性があるとは誰も思っていなかったのではないか。

 

実際、彼に現代的なHEAVY ROCKを書かせてもこれがまた素晴らしい曲が出来る。それを証明したのが、2006年に

MEAT LOAFに提供したこの曲だろう

m.youtube.com

もちろんこの曲はミート・ローフに提供しているだけあって最終的にロックオペラ的なものではあるがイントロのリフなんかは現代HEAVINESSのソレである事は間違いない。むしろ、この経験が受け継がれてこのバンドができたんじゃないかとさえ思う。

 

SIXX:A.M.

もともとはニッキーの自叙伝のサウンドトラックと言う特殊な成り立ちをしているので1stは購入を見送っていたけど、その後、継続的なプロジェクトとなる。そして2ndがリリースされ、聴いてビックリ‼️カッコいいじゃんと一気に心を掴まれたのが、アルバムのオープニングを飾るこの曲だ‼️

m.youtube.com

慌てて1stも買い、以降全ての作品を追っている。2015年にメインのMOTLEY CRUEが解散し、このバンドをパーマネントなバンドと位置づけと宣言するも、その後あえなく解散。確かに徐々に人気に陰りが見えて来た時期とは言え…相変わらず先がまったく読めない💧ただわかっている事は彼が今でも、

 

稀代のソングライターだという事だけは間違いない。

 

ただ、それ以上に手に負えない存在だって事もw

 

まぁ、でも…

それが〜あな〜たのいいと・こ・ろ♬

https://i.ytimg.com/vi/5587jD92Zl0/hqdefault.jpg

懐かしい〜ね〜サントリーダイナミック…って

誰が覚えてんだよ💦

 

 読んだ方は是非🙏↓

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

個人情報の利用目的 当ブログでは、メールでのお問い合わせ、メールマガジンへの登録などの際に、名前(ハンドルネーム)、メールアドレス等の個人情報をご登録いただく場合がございます。 これらの個人情報は質問に対する回答や必要な情報を電子メールなどをでご連絡する場合に利用させていただくものであり、個人情報をご提供いただく際の目的以外では利用いたしません。 個人情報の第三者への開示 当サイトでは、個人情報は適切に管理し、以下に該当する場合を除いて第三者に開示することはありません。 ・本人のご了解がある場合 ・法令等への協力のため、開示が必要となる場合 個人情報の開示、訂正、追加、削除、利用停止 ご本人からの個人データの開示、訂正、追加、削除、利用停止のご希望の場合には、ご本人であることを確認させていただいた上、速やかに対応させていただきます。 アクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはここをクリックしてください。 広告の配信について 当サイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。 第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにクッキーを設定したりこれを認識したりする場合があります。 免責事項 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。 プライバシーポリシーの変更について 当サイトは、個人情報に関して適用される日本の法令を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直しその改善に努めます。 修正された最新のプライバシーポリシーは常に本ページにて開示されます。 ●当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。 また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。 全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。 加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 ・特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 ・極度にわいせつな内容を含むもの。 ・禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 ・その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。