佳◯(よしまる)流 家計のそもさん/せっぱ

家庭(または企業)のスリム化や資産運用を応援します

日大会見を受け、ちょっとだけ昨日のアメフト記事の続き。もう選手の皆さんに期待するしかないのかな❓と…読書は最高ですねぇ〜前編〜あっ。マンガですけど💦出来るだけ少なめにしようと思うけど、ちょいネタバレもあります。

さてさて、選手に会見を受け日大でも会見してたね。途中までネット中継見てたけど、ムカつき過ぎてやめちゃったw決めつけるわけじゃないけど…。

 

極論や過激な事を言うのは避けるとして(いや。本音は腹わた煮えくり返ってるけど…)、指示があったのか乖離だったのかこれだけ違っている以上もう第三者が入って聴き取るしかないんじゃないかな❓入れると言っているけどさ。

 

願うは若い彼が一人でこの大きな組織と戦うのは限界があるし、辛いと思う。だから、今後行われるという第三機関的での調査。これが

本当に中立な機関で行なわれる

としたら…それでも生徒として選手として言いにくい事はわかる。わかるけど

本当の気持ちを素直に言って欲しいかなぁ〜。

後、また政治の方も書類出て来たみたいね。ホント色々終わってるわこの国w昔は色々出来た隠蔽がもう今の時代出来ないよって事にも

いい加減気付きなさいよ💧

昨日、やっぱりタイムリーな話題だったので自分にしてはPV多かったので…腹黒いおじさんは勿体ないなという心やちょっと二匹目のドジョウを狙って続けちゃうかなと一瞬思ったけど、いつまでも外野でダラダラ語りたくないしアホらしくなってきたのでここまでにしよ〜っと。

 

 

 

 

 

さて、続いての話題です。

http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/010/546/99/N000/000/000/2441.jpg

本日、佳◯さんのBlogがいつもの低迷Blogに戻りました。

 

…って、

ほっとけ💢

 

さて、みんな行くよ〜

http://www.yoppy.tokyo/asset/uploads/2017/02/56edc7feacd397e602cb48fe63c64fa5.jpg

 

 

 

 

 

仙台へ向け引越作業したり、そこそこ帰省したりしているので、合間や道中で

本の虫になる自分📖

 

 

まぁ。お察しの通りマンガですけどw

 

 

 

 

まぁ。お察しの通りサイコ/ホラー系マンガが多いすけどw

 

 

 

えっ❓そういうマンガは残酷で見れないだと❓

 

 

 

 

 

 

 

 

https://renote.jp/uploads/image/file/45826/51222856.jpeg

こういうマンガは嫌いという人も多いかもしれない。実際、妻なんかは好きではない。特にホラーは、見たくないと言われる。妻が嫌いな物である以上、自分も出来るだけそういう物は避けるべきかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

https://pics.prcm.jp/jojo456/18089392/jpeg/18089392.jpeg

そうだ‼️ここは強気に行きまっせ〜w

 

復讐の未亡人

「金魚妻」はじめ画のキレイさには定評のある黒澤Rの作品。

大人の情事に関する描写も多いけど、内容は題名の通り。ブラック企業に追い込まれ自殺した夫の復讐を誓い派遣社員として会社に潜り込む密。夫を追い込んだ上司、同僚一人ずつ追い込んでいく。

元々短編のつもりだったんじゃないかな❓なので1巻で基本的な復讐劇は終わる。主人公の心理状態など細かい描写云々言えばキリがないけど、短編でそこまでは難しいかな。2巻からは、おそらくこの短編が人気出たので無理矢理新たなストーリーを付け足した北斗の拳第二部以降のような印象。個人事業主怨み屋本舗みたいになるのかな❓ただ、多少強引でも密の過去を掘り下げようとしたり、工夫の後が見える。何より絵がキレイなのでまだ自分が読んだのは2巻までだけど、今後も追っていこうかなぁと思う。

 

無職強制収容所

以前チェックしたマンガの最新巻がちょうどあったw

無職再生法によって連れられた人々の末路。それは再生への道なんかではなくその真実は、国を挙げての人体実験だった。しかし、主人公 新条達也は初めて訪れたこの光景に見憶えがあった。そして、彼のパーソナルカード(いわゆるマイナンバーカード)は過去既に書き換えられていた。そう、彼は再生者だったのだ…。

まぁ、ある程度王道

主人公秘密持ちパターン

ではあるけれど、国と、再生法の真実を知るテロリスト、主人公達の三つ巴。更にそれを裏で操る「青木」の正体など複雑に絡み合う展開が今後を占う。

 

ドクムシ

ごく普通の大学生であるスギウラレイジ。何者かに襲われ目を覚ますとそこには彼を含め、見知らぬ男女6人と1人の少女がいた。場所は廃校舎。校内の窓や出入り口はすべて鉄板で封鎖されており、外の様子も見えなければ脱出することも出来ない。食料は一切見当たらず、教室内には監視カメラ、時刻を表示した電光掲示板、そして土鍋と肉切り包丁が置かれていた。それをオカルトマニア・ユキトシは、「自分達をここに閉じ込めた何者かが、自分達に殺し合いをさせようとしている」と分析する。ここから恐怖のサバイバルゲームが始まる。

普通の大学生と書いたけど、これも結局普通じゃなかった王道の

主人公秘密持ちパターン

なんだけどね。全員スネに傷を持つ者であったわけで…。最終巻で続くかなと思ったけど、新シリーズ出てるみたいだねー。なかなかグロめの描写も画力不足が救いw

 

ジンメン

これも表紙見た時に、画が見にくそうと思って微妙だなぁと思ったんだけれど…。

転校で七年ぶりに故郷へ戻ってきた動物好きの主人公 神宮マサト。彼は動物の声が聞こえるという動物に寄り添った純粋な少年だった。幼馴染みの女子高生・ヒトミをデートに誘い、訪れた動物園で二人は人間の顔が付いた動物に突如襲われてしまう…。逃げ惑うマサトとヒトミ。しかし、それは彼らが思いがけない世界に放り出される序章に過ぎなかった。人間の顔をした動物「ジンメン」と人間の戦いの行方はどうなるのか❓

動物の声が聞こえるという主人公の話は事実だった。それは、彼が「ジンメン」が誕生する計画の一部だったからというこれまた王道

主人公秘密持ちパターン

は前述マンガ達と同様。まぁ、そうしないと最近のこの手のマンガは成り立たないしね。ほとんど何もないのってこの手のマンガの祖である「バトルロワイヤル」くらいなもんか❓

対動物という部分と逆に人間が動物の力を手に入れる「ジュウメン」という存在もありバトル的な要素もあるし、主人公と仲が一番良かった象のハナヨとのやり取りなど意外と感動エピソードもちょいちょい入れてくるので、一本調子になる事なく読むことが出来る‼️

 

 

改めて振り返るとホント読む本偏ってるなぁ💧病んでるのかなぁwでも、少年誌系も読んではいるんだよ‼️ワンピとかもねwさて、今日1回で書ききれなかったので次回は、また違うタイプのものを…あっでもやっぱり、こっち系まだあるわwいずれにしても

 

 

 

 

 ん❓

https://image.middle-edge.jp/medium/81c7ca87-0283-4983-834d-b035cac52387.jpg?1468555945

えっ⁉️誰❓

 

 

 

秘密ですw

 

 

 

まっ。まさか❓

 

 

 

ここで…

 

 

 

 

このBlogも…

 

 

 

 

 

秘密持ちパターンか❓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

To Be Continued

 

 

読んだ方は是非🙏↓

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村

個人情報の利用目的 当ブログでは、メールでのお問い合わせ、メールマガジンへの登録などの際に、名前(ハンドルネーム)、メールアドレス等の個人情報をご登録いただく場合がございます。 これらの個人情報は質問に対する回答や必要な情報を電子メールなどをでご連絡する場合に利用させていただくものであり、個人情報をご提供いただく際の目的以外では利用いたしません。 個人情報の第三者への開示 当サイトでは、個人情報は適切に管理し、以下に該当する場合を除いて第三者に開示することはありません。 ・本人のご了解がある場合 ・法令等への協力のため、開示が必要となる場合 個人情報の開示、訂正、追加、削除、利用停止 ご本人からの個人データの開示、訂正、追加、削除、利用停止のご希望の場合には、ご本人であることを確認させていただいた上、速やかに対応させていただきます。 アクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはここをクリックしてください。 広告の配信について 当サイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。 第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにクッキーを設定したりこれを認識したりする場合があります。 免責事項 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。 プライバシーポリシーの変更について 当サイトは、個人情報に関して適用される日本の法令を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直しその改善に努めます。 修正された最新のプライバシーポリシーは常に本ページにて開示されます。 ●当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。 また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。 全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。 加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 ・特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 ・極度にわいせつな内容を含むもの。 ・禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 ・その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。