佳◯(よしまる)流 家計のそもさん/せっぱ

家庭(または企業)のスリム化や資産運用を応援します

もしかしたら伝説的名盤になっていたかもしれない④ーTHE WILDHEARTS

 HR/HM界隈では知名度が高いみんなが歌って暴れられるバンド‼️それが

THE WILDHEARTS

最大のヒットと言えばこちら


THE WILDHEARTS - I Wanna Go Where The People Go

収録されているアルバムは

「P.H.U.Q」

であることに異論はないと思う。何て読むかは言わないけれど、良い子の皆んなはそんな言葉発しちゃいけないよ😏

 でも、自分が個人的には推したいのが実はこっちなんだよねぇ

「FISHING FOR MORE LUCKIES」

Fishing for Luckies

Fishing for Luckies

 

 で、この曲はなかなかの衝撃だったなぁ。例えるならば、

The Beatlesが世の中に対して不満を持ち、SEX PISTOLSに影響を受けて曲を作ったけれど、その曲をMETALLICAに提供して演奏させたら勝手にアレンジしちゃっているみたいな❓何のこっちゃ💦


The Wildhearts - Inglorious

日本とイギリスやヨーロッパで成功を収めたけれど、アメリカ制覇も出来たんじゃないかなぁ。それだけの力は持っていたんじゃないかなぁと思うんだけれど、なかなか現実はそうはいかなかった。まぁ、PISTOLSもそうだったしねぇ。英国産のpunkってなかなか難しいよなぁ。いわゆるこのバンド。中心人物のGINGERがHRのQUIREBOYSに在籍していたからではあるけれど、音はHEAVYでも、やはり基本となる曲調はpunkだった。

 

けれど、唯一無二過ぎて当時流行っていたメロコアGREENDAYやOFFSPRING)系にもはまらず、あくまでHR/HM市場が日本では中心だったってところかなぁ。そう言う意味ではこのバンドもある意味ジャンルの狭間で苦しんだ人達と言えるでしょう。

 

でも、一時期、ブリットポップの対抗馬としてブリットロックという言葉も生まれたのです。THE WILDHEARTS、THE ALMIGHTY、THERAPY?、TERRORVISON。いやぁ、この辺は自分、全部バチコン来ます‼️バチコンって…😅

 

ただただ残念なのは、このGINGERなる男。癇癪持ちで何度も何度もバンドを解散させたり復活させたりしてしまい、どうしても根を張った地道な活動が出来なかったこともマイナスだったと思います。でも、解雇されたり脱退したメンバーたちもたくましく良質なアルバムを作っているし、彼らの与えた影響はイギリスや欧州では少なくないと思います。ちょっと触りだけでも言うと、

WHATEVER(元ドラマーのステディが在籍)

HONEYCRACK、THE JELLYS(共に元ギターのCJが在籍、その後CJはTHE WILDHEARTSへ戻る)

THE YO-YOS(元ベースのDANNYが在籍その後薬物問題などを抱えてしまう😢)

Sugarbuzz

Sugarbuzz

 
Prozaic

Prozaic

 
Welcome to Our World

Welcome to Our World

 
Uppers & Downers [12 inch Analog]

Uppers & Downers [12 inch Analog]

 

 他にも、彼らの影響を受けイギリスでデビューしたと言えば

 3 COLOURS RED

Pure

Pure

 

 そして欧州へ目を向ければ

HYBRID CHILDREN

などもその影響下に間違いなくあります。

音楽性に共通点もあれば違いもあるんだけれど、やっぱりこのバンドがいなければ自分は

HELLACOPTERS 

By the Grace of God

By the Grace of God

 

HARDCORE SUPERSTARS

Hardcore Superstar

Hardcore Superstar

 

 

の大躍進はなかったんじゃないかなぁと思う。両バンドとも後にそれぞれ個性を出して音楽性を発展させていくことになるけれど、初期はいずれもロックでメタルテイストもあってパンキッシュでって感じで(まぁHELLACOPTERSはメタルテイストはあまりないかもですが)売り出してたし。

 

でも、それはやはり、その形容が一番似合うTHE WILDHEARTSがいたからこそなんじゃないかな。アメリカとは異なるシーンを作り出したのに、どうも評価されているようでいまいち乗り切れない。やはりGINGERという人はつくづく不運な男だと思う。これでもまだまだまだまだまだまだ語り足りないが、長くなり過ぎたので(初の2,000文字超え、読みずらいだろうなぁ。ゴメンなさい😭)それはまたいつかにします。

読んだ方は是非🙇します↓

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

個人情報の利用目的 当ブログでは、メールでのお問い合わせ、メールマガジンへの登録などの際に、名前(ハンドルネーム)、メールアドレス等の個人情報をご登録いただく場合がございます。 これらの個人情報は質問に対する回答や必要な情報を電子メールなどをでご連絡する場合に利用させていただくものであり、個人情報をご提供いただく際の目的以外では利用いたしません。 個人情報の第三者への開示 当サイトでは、個人情報は適切に管理し、以下に該当する場合を除いて第三者に開示することはありません。 ・本人のご了解がある場合 ・法令等への協力のため、開示が必要となる場合 個人情報の開示、訂正、追加、削除、利用停止 ご本人からの個人データの開示、訂正、追加、削除、利用停止のご希望の場合には、ご本人であることを確認させていただいた上、速やかに対応させていただきます。 アクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはここをクリックしてください。 広告の配信について 当サイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。 第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにクッキーを設定したりこれを認識したりする場合があります。 免責事項 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。 プライバシーポリシーの変更について 当サイトは、個人情報に関して適用される日本の法令を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直しその改善に努めます。 修正された最新のプライバシーポリシーは常に本ページにて開示されます。 ●当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。 また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。 全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。 加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 ・特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 ・極度にわいせつな内容を含むもの。 ・禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 ・その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。