佳◯(よしまる)流 家計のそもさん/せっぱ

家庭(または企業)のスリム化や資産運用を応援します

90年代の名盤アメリカンロック‼️

しばしば、アーティストは自分を特定のジャンル分けされることを嫌う。確かにアーティスト側からしたら当然一括りにされたくないという気持ちもわかる。でも、消費者側からしたらやはり、一定の領域や「◯◯が好きなら買い」というレビューの上で新しいアーティストを購入するかどうかを決めていくことも多いので情報収集や整理に役立つのは否めない。

 

ただ、契約したレーベルやジャンル分け、そのボーダーレスな音楽性によって残念な思いをしてきたバンドも少なくないし、これまで何回かそういうバンドを紹介して来ました。

yoshimarufp.hatenablog.com

yoshimarufp.hatenablog.com

90年代は、ロック界ではそれまでのHR/HMが憂き目にあい、新たな流れでグランジ/オルタナティブが出て来たけれど、ここでも段々ジャンルの憂き目に、特に日本ではあってしまったバンドも出て来たように思う。

yoshimarufp.hatenablog.com

SOUL ASYLUM

最大のヒット曲『Runaway train」は超有名曲だから、このバンドを知らない人でも知っているんじゃないかな❓この曲でグラミー賞も取ったしね‼️


SOUL ASYLUM RUNAWAY TRAIN

Grave Dancers Union

Grave Dancers Union

 

 ん〜いい曲〜❣️アメリカでは、この曲のミュージックビデオは実際に行方不明になっている子供たちの名前と写真が次々と映し出される映像で実際に家族と再会できた例があったそうだ。このアルバムは92年に発表されたがバンドの歴史は実は長くて80年代半ばにはもう作品は出していた。本人たちが契約ドロップされた時に自分たちをグランジと言っていたからいいんだけれど…グランジかなぁ❓まぁ、それはまた改めて後述します。

COLLECTIVE SOUL

このバンドも当時のグランジ/オルタナティブの流れから勢いを増したバンドの一つです。ただVAN HALENの前座をしたりとHR/HMバンドとも絡みがないこともない。まぁ、そうれ言っちゃえばSOUL ASYLUMも元GUNSのメンバーが入ったりツアーしたりしてるんだけれどね。


"The World I Know" w/lyrics! ~Collective Soul

コレクティヴ・ソウル

コレクティヴ・ソウル

 

この2つのバンドは実は結構重要だったんじゃないかなぁと思っていて、でも、この2つのバンドがグランジ/オルタナティブに括られたのは勿体なくて振り返ってみると(当時もそう思っていたけれど)、単純に普遍的なアメリカンロックだったのではとも思います。別にEAGLESと一緒にまわっても不思議じゃないし。そこが理解されなかったこと。ブームの一つとして捉えられたことがこれだけ普遍的なロックをしているバンドにとっては、ともすれば没個性とも受け取られてマイナスになっちゃったんじゃないかなぁ💧でも、この2つのバンドがあったからこそ以下のバンドが出て来たと自分は思っています。

MATCHBOX TWENTY


matchbox twenty bent with lyrics

ONE REPUBLIC


OneRepublic - Counting Stars

まぁ、どうしても聴く側もこのジャンルが好きってなっちゃうけれど、いいものはいいってことで食わず嫌いしないことが、いい音楽と出会えるチャンスを逃さないことなんでしょうねぇ。まぁ、自分もおじさんになってなかなか出来なくなっているけど…😅

読んだ方は是非🙇します↓ 

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村