佳◯(よしまる)流 家計のそもさん/せっぱ

家庭(または企業)のスリム化や資産運用を応援します

生命保険見直し⇨スムーズにするためには④

もうこの記事が飛び飛びになって自分でも覚えていない…😭

ので、自分で自分の文章をおさらいした💦 

yoshimarufp.hatenablog.com

yoshimarufp.hatenablog.com

yoshimarufp.hatenablog.com

 思い出したぞ💡今日のテーマは、

帝王切開

だな。うん。そうそう。

さて、過去5年以内に帝王切開を受けた人は、純粋な病気とは言えないけれど、手術は受けているよね。帝王切開を受けた場合、

医療保険(特約含む)から手術給付金が支払われます。

逆に保険会社の立場から言うと、

次も手術給付金を支払うリスクが生じる人になる‼️

ということになっちゃうのです。

既に入っている会社としては、もうそれは致し方ないとして(但し、見直しで入院給付金の額をあげる場合や追加契約する場合は対象外)、他社切替の場合は必ず条件が付きます。今回は、前後に妊娠中毒症や様々な障害がなく、純粋に帝王切開のみとして考えますね。いつも長くなりがちなので💦ってか、こうなりますよだけ話すのでは意味ないと思うので…ってこういう前置きが長いんですよね。失礼しました🙇

まずは、間違いなく通常部位不担保が付きます(例外あり)。

いやいやいやいや💦間違いなくって言っておいて例外ありって何だよ❓

ってなりますわな普通😅まぁまぁ、順を追いましょう。そもそも部位不担保とは、特定された身体の部位には指定された期間(免責期間という)は保険の適応外となりますが、それ以外に対しては通常通り保険金や給付金は支払われるというものです。この場合、多くは子宮に対して不担保が設定されます。但し、それ以外の病気(例えば虫垂炎など)、今回告知している帝王切開に何ら因果関係のないものに関しては、無条件で加入した人と同様の扱いとなります。そして、その免責期間を過ぎた後は、例え帝王切開したとしても給付金は支払われる事になります。では、

一体どれくらいの期間、不担保になるの❓

答えは、

貴女の年齢

そして、

お子さんの人数

によって変わります。帝王切開でお子さん一人という方はどうしても次のお子さんも帝王切開になってしまうケースが多いんです。だから20代前半の方は2人目を

考えられる時間も長いので不担保期間も長くなってしまいがちです。逆に一般的に高齢出産と言われる方は、多少短めになる傾向があります。そして、お子さんの数も影響します。

核家族化が進み子どもの数が減って来ているのは皆さんもご存知の通り。だから、若くてもお子さんが2人以上既にいらっしゃる方は、不担保期間が短めだったり、場合によっては不担保期間なく加入できるところもあります。この手を使って、他社から(しかも他社では申請もしていなかったから不担保期間もあった‼️こういう部分って、やっぱりネット生保とかだときめ細やかな対応ってできないんだよねぇ)切り替えてもらい、その後、帝王切開してちゃんと給付金をいただけた方もいました。会社として損か得かはってことも議論の余地はあるけれど、その後、たくさんの紹介を頂けたことは言うまでもないよね😀なので、帝王切開したことがある人も

見直しはしばらくできないかなぁ😢

と諦めずにまずは、相談することが大事。もし、今の保険料が適正かどうかを見極めたいなら早めに行動したいはずですよね❓逆に今、妊娠中で帝王切開になりそうで、

失敗したなぁ。もう無理じゃん😭

と思っている貴女には次のような方法があります❣️

が…

それは、結局長くなったのでまた今度💦

 読んだ方は是非🙇します↓

にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ
にほんブログ村

個人情報の利用目的 当ブログでは、メールでのお問い合わせ、メールマガジンへの登録などの際に、名前(ハンドルネーム)、メールアドレス等の個人情報をご登録いただく場合がございます。 これらの個人情報は質問に対する回答や必要な情報を電子メールなどをでご連絡する場合に利用させていただくものであり、個人情報をご提供いただく際の目的以外では利用いたしません。 個人情報の第三者への開示 当サイトでは、個人情報は適切に管理し、以下に該当する場合を除いて第三者に開示することはありません。 ・本人のご了解がある場合 ・法令等への協力のため、開示が必要となる場合 個人情報の開示、訂正、追加、削除、利用停止 ご本人からの個人データの開示、訂正、追加、削除、利用停止のご希望の場合には、ご本人であることを確認させていただいた上、速やかに対応させていただきます。 アクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはここをクリックしてください。 広告の配信について 当サイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。 第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにクッキーを設定したりこれを認識したりする場合があります。 免責事項 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。 プライバシーポリシーの変更について 当サイトは、個人情報に関して適用される日本の法令を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直しその改善に努めます。 修正された最新のプライバシーポリシーは常に本ページにて開示されます。 ●当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。 また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。 全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。 加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 ・特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 ・極度にわいせつな内容を含むもの。 ・禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 ・その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。