佳◯(よしまる)流 家計のそもさん/せっぱ

家庭(または企業)のスリム化や資産運用を応援します

MUSEニューシングル‼️

今週のbillboard200をさっきチェックした。注目はリンキン❓ 

yoshimarufp.hatenablog.com

 

いやいや。やっぱり初登場97位のDanzigでしょう(笑)買わないけどねぇ〜。ってか、日本盤出るのかもわからないけれど💧

 

Black Laden Crown

Black Laden Crown

 

 

っていうか、今日仕事で往診周り同行していたらラジオでMUSEの新曲が流れていた。


MUSE - Dig Down [Official Music Video]

このバンド。実は最初あまり好きじゃなかったんだよねぇっていうか自分の中でRadioheadのフォロワーでしかなかったのが最初のアルバムの第一印象。

 

ザ・ベンズ

ザ・ベンズ

 
Showbiz

Showbiz

 

けど、そこからアルバム毎に徐々に好きになっていった。そこには普通と違う進化の歩みがあったからだ。

よくアーティストの2ndアルバムってコケるじゃん。その大きな要因は

①1stのテンションが続かなかった。

②変にアーティスティックになった。

③1stの二番煎じになって、そのクオリティが1stに届かなかった。

と様々だ。だから、ホント売れ続けるのって大変なんだろうなぁとは思うけれど💦買う側なので勝手言わせてもらいます。まぁ、要は1stを超えられないことにあるよね。①、③はまだ許せるんだよね。ファンが求める物を作った。または、自分たちのやりたい音楽が揺るぎなかった。ただ、そのクオリティが届かなかったというところがあるから。もしかしたら、理由としては同じなんだろうけれど②はさぁ、やっぱりちょっとまだ早くね❓って思っちゃうんだよねぇ。Alanis MorissetteKULA SHAKERMEWとか1st超名盤なのに〜って思っちゃう。大体3rdまでは頑張って購入するんだけれど、どうしてもその後、諦めちゃうんだよなぁ😢でも、2ndは早すぎだとしても、遅かれ早かれどんなバンドやアーティストもそうなっていくことはある。要は実験をしたがるのだ。それはThe Beatlesもそうだし、先に述べたRadioheadLINKIN PARKLADY GAGA、AMARANTHとかもそうじゃない。皆マイルドに、そしてポップになっていく。それはそれで良いものもある。変化を恐れず良いものを作る力量があるものも多いからだ。

ただ、このMUSEの凄いところって、変化の仕方が通常と全く逆なんだよねぇ。変化を恐れないというところでは上記に挙げたアーティストと変わらないのに‼️だって最初はRadioheadのフォロワー扱って事は、要はBlit Pop的な所から出てきたわけで、当然、ファン層もそこからPop/Rock層なわけじゃない❓ところが、このバンド。通常のマイルドになっていく変化とは真逆でドンドンHeavyになり、最終的にはHeavy Rock層も取り込み、今のところの最新アルバム「DRONES」では、ついにあのHR?HM専門の某B誌にさえレヴューが載るようになるのだ。

ただ、何故こういう変化を旧来のファンにもゆるされたのか❓自分が思うには、ゆるされる大事な要素が、このバンドにはあったと思う。それはというと…

そもそも、最初からアーティスティックだった❣️

ってこと。他のアーティストが徐々に自我が芽生え、自分たちのアートな部分を見せたい、やりたいということから生じる賛否の部分を彼らは登場時から持っていたのだ。だから、前のアルバムからの変化に対し、聴き手が抵抗感なく受け入れられるのではないかなと思う(全部のバンドが最初から持っていて欲しいとは思わないけれど(^_^;)だって、そんな音楽ばかりだったら疲れちゃうから💧)。まだアルバムの発売日は自分はわからないんだけれど、そういうレヴューであったとしても、これは買っちゃうんだろうなぁ。

 

読んだ方は是非🙇します↓ 

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽評論へ
にほんブログ村

 

ジャグド・リトル・ピル

ジャグド・リトル・ピル

 

フレンジャーズ

フレンジャーズ

 

欲しい物があれば、こちらから↓

個人情報の利用目的 当ブログでは、メールでのお問い合わせ、メールマガジンへの登録などの際に、名前(ハンドルネーム)、メールアドレス等の個人情報をご登録いただく場合がございます。 これらの個人情報は質問に対する回答や必要な情報を電子メールなどをでご連絡する場合に利用させていただくものであり、個人情報をご提供いただく際の目的以外では利用いたしません。 個人情報の第三者への開示 当サイトでは、個人情報は適切に管理し、以下に該当する場合を除いて第三者に開示することはありません。 ・本人のご了解がある場合 ・法令等への協力のため、開示が必要となる場合 個人情報の開示、訂正、追加、削除、利用停止 ご本人からの個人データの開示、訂正、追加、削除、利用停止のご希望の場合には、ご本人であることを確認させていただいた上、速やかに対応させていただきます。 アクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはここをクリックしてください。 広告の配信について 当サイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。 第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにクッキーを設定したりこれを認識したりする場合があります。 免責事項 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。 プライバシーポリシーの変更について 当サイトは、個人情報に関して適用される日本の法令を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直しその改善に努めます。 修正された最新のプライバシーポリシーは常に本ページにて開示されます。 ●当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。 また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。 全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。 加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 ・特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 ・極度にわいせつな内容を含むもの。 ・禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 ・その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。