佳◯(よしまる)流 家計のそもさん/せっぱ

家庭(または企業)のスリム化や資産運用を応援します

Hard Rock復権した00年代。復活への足がかりとなった4枚(独断)‼️ー後編

まずは前編はコチラ

yoshimarufp.hatenablog.com

英国のベテランが復活を遂げたなら米国出身の彼らも黙ってはいられないとばかりにニューアルバムを出し、大復活を遂げるのです‼️

BONJOVI


Bon Jovi - It's My Life

ベストアルバム「CROSS ROAD」が大ヒットしたけれど、そこに続く「THESE DAYS」がセールス的に振るわなかったが、ここで曲的にもセールス的にも大復活をするのです。まぁ、この曲を聴いたことない人はいないでしょう。ヒットしたのはもちろん、

なかやまきんに君でもお馴染みですからね‼️

まぁ、BONJOVIの場合はDEF LEPPARDのように完全に昔(NEW JERSEYあたり)の曲調とまではいかなかったけれど、ポジティブならしい曲が多く、旧来のファンも安心させると同時にHRという枠を超えて活躍するようになったかな。

 

でもさ、昨年出たアルバムも悪くはなかったけれど、やっぱりこのバンドは

ジョンとリッチー2人が納得するまでソングライティングしてなんぼだよ。

リッチーが納得せず(本人談)に、でも発売した前作「WHAT ABOU NOW」。もう周りはわかっているよ。ってことは本人が一番わかっているはず。ジョンはソングライティングの才能はもちろんあるけれど、そこにリッチーが味つけしてバンドになっていたんじゃないかなぁ。MR BIGに、リッチー・コッツェンという才能溢れるギタリストが加入しても、やはりポールのキャッチーなギターワークがないと化学反応がないのと同じだと思うんだけれどなぁ。まぁ、それがお互い理解するのはリッチーがオリアンティとアルバム作ってみてからじゃないと難しいのかな💦いつの日かをどうしても夢見てしまいます。

で、最後に若手(この当時)がドカンとHR復活の狼煙を上げた。

THE DARKNESS

なにが凄いって、

もうただでさえ全身タイツじゃん‼️(笑)

f:id:yoshimarufp:20170807215900j:plain

ジャケ裏もやばいでしょ💦

f:id:yoshimarufp:20170807221921j:plain

意味がまったくわからない(笑)

けど、

もうこれだけで気分ウキウキでしょ‼️

何かギタリストの弟がパブで兄貴が歌ったQUEENを聴いて才能とスター性に気づいたという作ったような伝説的な話とかどうでもよくて、とりあえず衝撃の

ヨーデルのような歌い方。

何から何までとにかくぶっ飛んでいるでしょ。もちろん、あまりの個性にキワモノ扱いする人がいることはよくわかるけれど、KISSだって出てきた時にはキワモノだもん。何事も純度が高ければそれはホンモノってことですよ。自分の周りも最初は笑っていたけれど、結局買っていた(笑)そういう魅力を持っていた1枚だったと思う。まぁ、確かに2枚、3枚と同じことばかりはやれないだろうし、そこは彼らもわかっていて、次のアルバムはソングライティングに磨きをかけた風だったけれど、失敗に終わってしまった。だったら、

今こそ開き直ってパーティ全開みたいな1枚を作って欲しいなぁ。

そう思いながら買い続けてはいるんだけれど…ね😢でも、このアルバムが果たした役割は絶対大きかったと思う。これがなければHALESTORMだって売れたかわからないっていうのは大げさかな❓まだ未体験の人は是非、これを聴いてみてください✋

ビデオクリップもダサい。

でも、それこそが

ハードロックのカッコよさでもある。

パーミッション・トゥ・ランド

パーミッション・トゥ・ランド

 

m.youtube.com

一番好きな曲の動画探してたら、本人達のは見つけられなかったけれど、何とあの

ベン・フォールズがカバーしていた(笑)


Ben Folds - Get Your Hands Off My Woman

読んだ方は是非🙇します↓

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

Hard Rock復権した00年代。復活への足がかりとなった4枚(独断)‼️ー前編

90年代のグランジ/オルタナティブ勢により、その音楽性を変化させなければいけなくなったHR/HM勢だった。まだ、メタルに関してはPANTERAやMETLLICAなどもいたし、メロディック系には厳しい状況だったけれど生息は確認できてた😅一番きつかったのはハードロックじゃないかなぁ。NELSONとか一発で終わってしまったもんなぁ。けれど、ついに2000年代へ突入し、

復権を果たす‼️

のです。下地として様々な要素はあったんだろうとは思います。元々グランジ/オルタナティブとして出てきたNICKELBACKCREEDなどは、よく聴けばHRに近い所も全然あるし、多くなり過ぎた90代ロックに徐々に辟易してきたという土壌もあったのではないかなと思う。でも、キッカケとなったのは彼らではないだろうか❓

BUCKCHERRY

LAやGUNSの雰囲気を醸し出し、カリスマ性も併せ持ったJOSH TODDをヴォーカルに据えて1stアルバムが本国で大ヒットした。


Buckcherry - For The Movies - 7/23/1999 - Woodstock 99 West Stage (Official)

ここで、まだHRは終わっていないということを見せつけてくれた‼️その後、このバンドは一度解散したり、大復活を遂げたり、また中心人物だったギタリストが辞めたりと色々と問題ばかり起こっているのも、何かGUNSと被ってしまうことも多いのです。この音楽性はAIRBONEとかTHE DATSUNSとかに繋がってもいるように思う。まぁ、でも、この辺はどっちかっていうとAC/DC直系ってところもあるかな。まっ。いいか。

このバンドの出現がきっかけかどうかはわからないけれど、ここで自分達の本来の姿を取り戻し復活を遂げるベテランが2組現れる‼️まずは、

DEF LEPPARD


DEF LEPPARD - "Promises" (Official Music Video)

このアルバムがファンの間で、どのような位置付けをされていて、果たして数ある名盤と肩を並べているかと言われれば、そこに関してはちょっと自分自身も何とも言えないのだけれど、やっぱり

DEF LEPPARDの音楽が帰ってきた‼️

ということを考えれば、

重要な1枚である

ということは間違いないのではと思います。そう言えば、この頃は仙台にいて一人音楽を聴いていた時に、ある布教活動していた外人さんが家に来て(ヘルメットして自転車乗っているやつね)、部屋から漏れ出すこの曲に

「ワォ‼️」

って言ってた(笑)結構、若い人だったんだけれど、好きだったのかな❓それとも、そんな古いバンド聴いているのかっていう感じだったのかな❓早めにお帰りいただきたかったので、その意味は未だにわからないのですが💦このアルバムは全米でもヒット(11位にランキング)し、見事復活をした(まぁ、そうは言っても前作の「SLUNG」だってゴールド取っているんだけれどね💧)‼️その復活の流れから、もう一組が出したアルバムは…わかっている方も多いでしょうが…正解は次回✋

読んだ方は是非🙇します↓

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

年間20,000人以上ー自殺と保険(後編)

前回の記事がコチラ↓

yoshimarufp.hatenablog.com

 両親が事故と主張していたこの件、保険会社は何故自殺と判断したのでしょうか。その理由は、

娘さんの顔の向き

だったのです。

どういうこと❓

ってなりますよね。この件、娘さんは

タンスの中から外を向いて亡くなっていたのです。

もし、これが事故で足を滑らせた結果だと言うのであれば、タンスを開けて足を滑らせ、そこで運悪くネクタイが絡まり窒息してしまうことになる。だとすれば、

タンスの中へ向かって亡くなっている

状態でなければおかしい。ということになるのです。それが決め手となって普通死亡保険のみの支払となったのです。ただ、この話聞いた時、

それって保険会社だけの判断なのかなぁ❓

おそらく警察の方でも、

自殺だった可能性が高い

という判断は既になされていたんじゃないかなぁ。所々疑問に思った部分があったし、死亡診断書を見たわけではないので何とも言えない所も多いのですが、いずれにしても、状況で判断する事の難しさと家族の気持ちを思うとただただいたたまれない。だから、

最期をこのような形で迎えないようにしてほしいな。 

自分も兄がちょうどこの時期に自ら亡くなって10年以上になる。そこから急遽ひとりっ子になる。親より先に亡くなる不幸に加え、数年間親戚にも言えず、葬儀も家族のみで行う辛さ。何もできなかった無力感。仕事先やその後知り合った人から聞かれる家族構成への答え方の面倒くささ。自分は常にひとりっ子と答えているのですが、そうすると「ひとりっ子って◯◯だよねぇ」と言われた時の笑顔の不自然さ。昔の知り合いから「お兄さんは今、どうしているの❓」と聞かれた時のバツの悪さにその後の空気の重さ。夏になると思い出したくないのにいつも思い出してしまう。自分でもそう思うのだから、きっと母の思いはその何倍なのだろうか。誰も幸せになることなんてないのだから、自殺者の数がもっと少なくなることを望んでやまないですね。

読んだ方は是非🙇します↓

にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ
にほんブログ村